アパート・マンション

  1. トップページ
  2. アパート・マンション


あなたの物件に空室が何ヶ月も続く3つの理由

1.物件の管理・仲介を頼む相手を間違えている。

口先だけで顧客第一主義、顧客サービスを唱えているが、自社の利益をすべてにおいて優先する業者。

大家さんの苦労などわかったふりをするだけで、会社の存続のみに手一杯の管理・仲介会社。

“大家さんは、気の毒です”

空室期間が長く、家賃はどんどん下げられ、ムダな広告料や高額なリフォーム費用を払わされていませんか? 元来ノルマや歩合制の給与などは、この業界の特徴です。 社員も自分の利益優先に走るため、他にも多くの空室対策があるのにそれを提案せずに自分たちの都合でしか行動しません。 なぜなら、あなたの物件の空室が埋まろうが、埋まらまいが彼らには関係ないからです。 そんな彼らの言いなりになっていないですか? 大家さんの中には、昔から1社の不動産屋さんに入居者の仲介から物件の管理まで全て任せきりな方もおられるでしょう。 その業者はだいじょうぶですか? 不満はありませんか?

“一度切り替えて、出来るだけ多くの不動産屋さんの話を聞き募集を依頼”

してはいかがですか? その方が得策ではないでしょうか。 全ての不動産屋さんが、悪いとは申しません。 大家さんのことを常に考え、真摯に努力している不動産業者も私は知っています。 しかし、不動産業者もあなたの物件だけを扱っているわけではありません。不動産業者にしてもまず自社管理物件から紹介するでしょう。あなたの物件の紹介優先順位を上げることが必要不可決です。

2.間違った空室対策をしている。

本当の空室対策は、空室の原因を探りその原因を根絶することです。 管理・仲介会社は、すぐに相場より高いから「家賃を下げましょう」「敷金、礼金を下げましょう」、部屋の設備や間取りが悪いから「リフォームしましょう」、外壁が汚れているので「外壁を塗り替えましょう」と自分たちの都合で過剰でかつ高額なリフォームなどの提案しかしてきません。 空室の原因すなわち、入居者に支持されない理由をさぐりその原因をできるだけなくす。

“効果的に対策を行うことが必要です”

供給過剰になるほど建設される賃貸住宅の中で、あなたの物件が生き残っていくことは並大抵のことではないでしょう。一口に賃貸住宅といっても千差万別です。 あなたの物件にあった空室対策を効果的に行うことが重要なのです。 現在あなたが行っている空室対策・リフォームはどうでしょうか? 建設・不動産・リフォームを行う上で重要な建物の構造や特徴など、何も知らない若い営業マンが言うがままに行っていないですか? ほんとうにそれで大丈夫ですか? いいはずがありません。 あなたの物件が生き残れるには、建設・不動産(仲介、管理)・リフォーム業界を知り尽くし、多くの空室対策のノウハウをもつプロが、あらゆる角度から問題解決する必要があるでしょう。業者側の都合でない対策を行い、あなたの物件を魅力的にすることが一番の空室対策なのです。

3.大家さんにアパート・マンション経営者の自覚がない

あなたは、物件の入居者の募集から管理、運営を誰かに任せきりではありませんか? 大家さんによっては、何も解らないからといって建設から物件管理・仲介などのすべてを業者任せで行っている方もおられるでしょう。一昔前は、それでも十分やっていけたのでしょうが時代は確実に「借り手」市場になり、大家だからといってあぐらをかいていると取り残されていく時代になりました。

“アパート・マンションの運営においての本当の専門家は現在は、いません。”

設計士は、アパート・マンションを自分の作品と考え、建設会社は利益を優先にするために、仕様の変更や設計変更を要求します。 銀行は担保を多く取ること、金利を一番に考えます。 また、不動産業者も手数料を優先して行動します。 さらに、大家さんのために戦ってくれる税理士も見当たりません。 アパート・マンションは、建ててからが勝負です。 15年20年が経過した時、いかに「満室」にでき入居者に喜んでもらえるかが重要なのです。 誰もあなたの物件を満室に変える方法を親身になって考えてはくれません。

賃貸住宅の経営はビジネスです

大家さんは事業を行っている経営者(社長)です。経営は人任せでは成り立ちません。経営者(社長)として自覚を持って時代の流れに沿いながら、入居者のニーズをつかむ物件造りを常に考える必要があるでしょう。だからといってすべてを自ら行うのは大変な作業になります。 大事なことは、業者さんに任せっぱなしは絶対にダメということです。自分は経営者(社長)であるという強い認識を持つことが必要なのです。 以上3つの要素が空室が埋まらない理由であることは間違いないでしょう。 当社では建設・不動産(仲介、管理)・リフォーム業界を知り尽くしたプロが、大家さんの立場に立って考え行動しています。あなたの物件周辺の市場調査から、わずらわしい複数の不動産業者への募集依頼、まっ先に入居者を紹介してくれる方法、物件に競争力をつけて紹介優先順位をあげる、多くの空室対策を持っています。 何十年経過しても入居者に喜んでいただき「満室」を確保する。 大家さんがよかったと思っていただけるノウハウと建物の維持改修を提案、実践していくことがコウマスター株式会社の根本理念です。 不動産管理・仲介・メンテナンス企業は、市場での競争原理が働いていないため、大家さんは、何が適正で何が適正でないか判断することすらできません。私たちは、この様な業界の非常識と戦って、大家さんに現状を把握していただき、適正な価格で本当に必要なサービスを常に提供できるよう努力します。 お客様とのパートナー・シップを築きながらともに繁栄することを目指しております。

お問い合わせ相談をいただければ、あなたのアパート・マンションの空室を必ず埋めてみせます。あなたの大事なアパート・マンションの点検・保守・改修の提案から施工まで、最善の改善を行います。これからますます厳しくなることは間違いない賃貸住宅市場で、大家さんと共に苦労を分かち合い、共に考え戦っていくお手伝いをさせていただければと思っております。 皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

お約束します!勧誘的なセールス・訪問販売は一切いたしません。

お約束します!勧誘的なセールス・訪問販売は一切いたしません。

こんな方にオススメです

  • 空室期間が長く、家賃はどんどん下げられる。
  • 建物が古くなって維持管理が大変。リフォーム・修理代も高額に。
  • 建物の性能が悪い。(防音・結露・断熱・外観・部屋・外構・他)
  • 今の不動産(仲介・管理)業者に不満がある。
  • 今のリフォーム業者に不満がある。
  • 良い業者と悪い業者の見分け方が分からない。
  • 効果の出る空室対策を知りたい。
  • もっと家賃収入を増したい。
  • 建物の劣化診断をしてほしい。
  • 建物の耐震診断をしてほしい。
  • 入居者に喜んでもらえる、アパート・マンション経営をしたい。
  • おしゃれなアパートマンションに変えたい。
  • 何が悪いか分からない。ちょっと話を聞いてみたい。
  • 将来の賃貸経営(家賃収入)に不安を覚える。

(今までの不動産屋さんや、りフォーム会社に頼む前に相談して下さい。)

大家さんのお悩み

空室期間が長く、家賃はどんどん下げられる… 空室問題はすべての大家さんにとって、一番の悩みです。

ムリな事業計画(家賃設定)で建設し、不動産仲介(管理)業者の言われるままに家賃も下げて入居者を確保している。

自身の賃貸事業に対する危機管理にわりと無頓着といわれていた一般の大家さんも意識改革が必要です。

不動産仲介(管理)業者もあなたの物件だけを扱っているのではありません。

わたしたちは『業者側の都合でない、入居率をアップさせる最善のノウハウや改善策をアドバイスできます。』


建物が古くなって維持管理が大変。リフォーム・修理代も高額に…

10年後を目安に共有部分・占有部分を含めたリフォーム工事を、不動産仲介(管理)業者の指導のもと、半ば強制的に課せられる。

いくら建物の資産価値を維持するのに必要な工事であっても工事費用はその工事内容に見合った対価でなければなりません。

一般的にそのような業者は、建物に関する専門知識がなく、下請けから出された見積に自社の利益を上乗せするため、非常に高価なリフォーム・修理代になるといわれています。

わたしたちは『建設・不動産業界を知り尽くしたプロとして、現場重視で総合的な点検・調査を行い、建物の維持、保全について最善の提案・企画・施工を低価格で提供します。』


将来の賃貸経営(家賃収入)に不安を覚える…

アパート・マンションの経営に関しての数多くの本や、全国各地で開催されるセミナーにはいろいろありますが、アパート・マンションを建てることを目的としていますので、どうしても供給者の立場に立った内容となっています。

わたしたちは『机上の論理ではない建設・住宅・不動産仲介・管理・リフォーム業界の現場で実践して掴んだノウハウを、今までにない大家さん側に立って改善していきます。』


コウマスターが大家さんに誓う

コウマスターへのお問い合わせ先